ヒト型セラミドの安全性って大丈夫なの?

アンチエイジングを気にしだすと注目してしまう成分セラミド。人の肌の角質層で、細胞と細胞の間に水と油を抱えたスポンジのように存在しています。もともと体内にある成分で、肌に潤いを与える働きをしています。

 

しかし、セラミドは年齢とともに減少してしまい、肌に潤いやハリがなくなり、乾燥してしまったりするのです。肌の潤いやハリを取り戻すためにセラミドを配合したサプリメントや化粧品がたくさん販売されています。植物由来の植物性セラミド、動物由来の動物性セラミド、化学合成された合成セラミド、人間の肌にあるセラミドに似せて作られたヒト型セラミドと一言でセラミドと言っても多くの種類があります。その中でもいちばん安全性が高く肌に浸透しやすいと言われているのがヒト型セラミドです。

 

ヒト型セラミドは本来の人間の肌に存在しているセラミドとほぼ同じ化学構造を持っています。肌に潤いを与えたり、浸透する力はほかの種類のセラミドよりも高く、保水力はほかのセラミドの約3倍もあると言われています。もともと人の肌にあるものと同じ構造なので、もちろん安全性も心配ありません。
安全性の面では心配ないと言っても、肌に合うものと合わないものがあります。少量のお試しタイプから自分の肌に合う商品を探してみましょう。