乾燥肌と保湿クリームの上手な使い方と使うタイミング

乾燥肌に悩む女性はとても多いです。空気が乾燥する冬はもちろん、最近ではオフィスや施設内のエアコンのせいで夏でも乾燥に悩まされる女性が増えています。

 

空気の乾燥は喉などの粘膜を痛め、ウイルスの活動を活発にしてしまうので風邪をひきやすくなるという健康被害だけではなく、皮膚のかゆみを引き起こしたり、乾燥によるシワを作ってしまうという美容にもよくない状態を作ってしまいます。

 

そんな乾燥肌対策には、保湿がとても大切です。普段から栄養価の高い食事をとって体調を整えておくことに加え、お風呂上がりなどのスキンケアでは保湿に重点をおいてしっかりケアしましょう。

お風呂上がりの保湿のポイントとは

乾燥肌,保湿クリーム

お風呂から上がったら、まだ水気が残っているうちに化粧水をやさしく肌になじませます。少し乾いてきたら、再度化粧水を重ねづけすると良いでしょう。

 

その後肌が完全に乾ききらないうちに、乳液をなじませて水分が蒸発しないように蓋をします。最後にロべクチンなどの保湿クリームを重ねつけます。

 

全てのステップは手で行い、ステップ毎に手の平でしっかり押さえましょう。手の体温で、つけた化粧品が肌により深くなじみます。保湿クリームは、もともと人間が備え持っている皮膚の保護成分セラミドを配合したものが良いでしょう。